《新版世界各国史》8.西アジア史Ⅰ アラブ

価格
本体3,700円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: イラク、シリアからマグリブにいたる広大な「アラブ世界」の通史。古代オリエント世界やイスラーム諸国家の興亡過程を、克明に描き出す。
ISBN:
978-4-634-41380-1
シリーズ: 新版 世界各国史 8
著者: 三浦徹  長沢栄治  近藤二郎  蔀勇造  花田宇秋  私市正年  加藤博  前田徹  佐藤次高  長谷部史彦 
刊行:
2002年3月
仕様: 四六判  ・  638ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 西アジア・アラブ・イスラーム
第一章 古代オリエントの世界
  1 メソポタミア
  2 エジプト
  3 シリア・アラビア半島
第二章 アラブ・イスラーム世界の形成
  1 ジャーヒリーヤ時代
  2 イスラーム生誕
  3 アラブ帝国
  4 イスラーム帝国の発展
第三章 西アラブ世界の展開
  1 アラブによる征服とベルベル人の抵抗
  2 アラブ政権の確立
  3 スペインの征服と後ウマイヤ朝の成立
  4 ベルベル帝国の時代
  5 アンダルスの社会と文化
  6 ムワッヒド朝滅亡後のマグリブとアンダルス
第四章 東アラブ世界の変容
  1 軍人政権の台頭-分裂する国家
  2 セルジューク朝時代-スルタンとウラマー
  3 十字軍時代-統一のきざし
  4 マムルーク朝時代-成熟と変容
第五章 オスマン帝国治下のアラブ地域
  1 エジプトと紅海世界
  2 シリアとイラク
  3 北アフリカ
第六章 近代のアラブ社会
  1 ナイル峡谷とアラビア半島
  2 シリアとイラク
  3 北アフリカ
第七章 現代アラブの国家と社会
  1 両大戦間期のアラブ地域
  2 パレスティナ問題の展開
  3 第二次世界大戦とアラブ革命の時代
  4 湾岸戦争への道

付録
索引/年表/参考文献/王朝系図/写真引用一覧