朝鮮史

価格
本体3,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 朝鮮の古代から現代までを,中国・日本との関係も含んだ国際的視野に立ち,また朝鮮の文化にもふれて,わかりやすく記した通史。
ISBN:
978-4-634-41320-7
シリーズ: 新版 世界各国史 2
著者: 李成市  橋谷弘  山内弘一  武田幸男  田中俊明  糟谷憲一 
刊行:
2000年8月
仕様: 四六判  ・  528ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 隣国・朝鮮とその歴史的潮流
第一章 古朝鮮から三韓へ
  1 古朝鮮以前の朝鮮半島
  2 古朝鮮の虚実
  3 楽浪郡の設置と在地社会
第二章 三国の成立と新羅・渤海
  1 高句麗の発展
  2 百済の興起
  3 新羅の台頭と加耶諸国
  4 新羅の統一と発展
  5 新羅と渤海
第三章 高麗王朝の興亡と国際情勢
  1 高麗の統一と東アジア情勢
  2 高麗の発展と社会・文化
  3 内外情勢の変動と武臣政権
  4 高麗と元(モンゴル)の関係
  5 高麗の滅亡と東アジア情勢
第四章 朝鮮王朝の成立と両班支配体制
  1 建国と王朝支配体制の確立
  2 士林の進出と体制の変容
  3 日本と後金(清)の侵入と社会の再編
  4 党争の激化と社会の変動
第五章 朝鮮近代社会の形成と展開
  1 朝鮮の開国
  2 開化政策への展開
  3 自主独立と従属の岐路
  3 朝鮮の植民地化
  4 朝鮮近代の文化
第六章 植民地支配下の朝鮮
  1 武断政治
  2 「文化政治」と民族運動の進展
  3 「満州事変」と朝鮮
  4 皇民化政策の展開と朝鮮
  5 植民地期朝鮮の文化
第七章 解放と南北分断
  1 植民地からの解放と南北分断
  2 朝鮮戦争と分断の固定化
  3 韓国の李承晩政権
  4 北朝鮮の社会主義建設
第八章 経済建設と国際化の進展
  1 朴正煕政権と韓国のNIES化
  2 主体思想の確立と三大革命の推進
  3 韓国の民主化と経済構造の転換
  4 北朝鮮の金日正政権への移行と経済の停滞

付録
索引/年表/参考文献/王朝系図/朝鮮総督一覧/
朝鮮軍司令官一覧/歴代国家元首一覧/写真引用一覧