《世界史リブレット人》 074.ウィルソン 国際連盟の提唱者

価格
880円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 第一次世界大戦後、国際連盟創設の主役をになったアメリカ大統領ウィルソン。大戦への参戦と戦後の国際社会の動きのなかでアメリカの地位向上に奔走したウィルソンを国内・国外の動きとともに追う。
ISBN:
978-4-634-35074-8
シリーズ: 世界史リブレット人 74
著者: 長沼秀世 
刊行:
2013年10月
仕様: 112ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
ウィルソンの功績

1.学者をめざして

2.学長、州知事そして大統領へ

3.第一次世界大戦参戦への道

4.ヴェルサイユ講和条約の成功と失敗 
メッセージ・あとがき:
第一世界大戦後の国際連盟創設の主役となったアメリカ大統領ウィルソンは,どのような人物だったのだろうか。有名大学の学長から,わずか2年の州知事の経験のみで大統領になった人物は,ウィルソン以外にはいない。このようなことがなぜ実現したのだろうか。一方では,大統領在任中に再婚したり,脳卒中に倒れてしばらくは事実上職務を遂行できなかったこともある。ともあれ,ウィルソンはアメリカが世界の大国となるうえで一定の役割をはたした大統領の一人といえるだろう。