《世界史リブレット人》 075.ビリャとサパタ メキシコ革命の指導者たち

価格
880円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: メキシコ革命の国民的英雄ビリャとサパタ。社会の底辺で搾取と貧困に苦しむ農民や民衆を結集し、「農民的改革運動」としてみごとに革命を成功に導いた二人の指導者の歴史的意味を考える。
ISBN:
978-4-634-35075-5
シリーズ: 世界史リブレット人 75
著者: 国本伊代 
刊行:
2014年6月
仕様: A5変型判  ・  100ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
ビリャとサパタを考察する意味

1.メキシコ革命におけるビリャとサパタ

2.ビリャと革命運動

3.サパタと革命運動

4.カランサと対立したビリャとサパタ 
メッセージ・あとがき:
ビリャとサパタは,1910年に勃発したメキシコ革命を語るのに欠かせない伝説的英雄である。馬蹄轟く硝煙の革命動乱期に活躍したが,敵の謀略にかかって革命の成果をみることなく殺害された。ビリャもサパタも確固たる革命思想をもって行動を起こしたわけではなかったが,抑圧された農民と民衆が解放される新秩序へ向けて,社会のあり方を大きく変えるきっかけとなったメキシコ革命に貢献し,今なお民衆の間に根強い人気を保っている。