102.イスラーム社会の知の伝達

価格
本体729円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: イスラーム社会の「知」は,イスラームそのものに基づきながら,他者との交流のなかから創り上げられてきた大きな「知」の体系である。16世紀までを中心にその生成と継承を詳しく描き出す。
ISBN:
978-4-634-34940-7
シリーズ: 世界史リブレット 102
著者: 湯川武 
刊行:
2009年6月
仕様: A5変型判  ・  96ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
前近代イスラーム社会における知
1.イスラームと「知識」
2.知の領域の拡大と発展
3.知を伝える人・学ぶ人
4.知の伝達の場と方法 
メッセージ・あとがき:
「イスラームの知」とは,いったいどのようなものであろうか。
イスラームの「知」はイスラームそのものに基づきながら,その外側からも多くを取り入れつつ,それをイスラームと融合させ,大きな「知」への体系へと発展させてきた文明の成果である。
本書では,そのような「知」が,誰によって,どのようにして受け継がれ,発展・展開されてきたかに焦点を当てて見ていくことにする。