《世界史リブレット》 095.中国王朝の起源を探る

価格
802円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 新石器時代から「夏」,殷,周という初期王朝時代の特徴について,考古学的な発見や文献資料から現在知りうる情報を整理する。文献の空白を考古学で補うという従来の方法ではなく,全体の枠組みそのものを考古学的な新発見から問い直そうとする1冊。
ISBN:
978-4-634-34933-9
シリーズ: 世界史リブレット 95
著者: 竹内康浩 
刊行:
2010年2月
仕様: A5変型判  ・  96ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
中国古代史についての認識
1.中国古代文明の発生と展開
2.夏王朝は「認知」できるか
3.神と人の殷王朝
4.戦う西周王朝 
メッセージ・あとがき:
中国4000年。
広がる大地を舞台に展開されたその歴史は,初めの段階ではどのような様相であったのだろうか。
与えられた環境のなかで,人びとはなにを求め,どのように生きていったのだろうか。
多種多様で個性的な文化が生み出されながら,のちにそれらがどのようにしてまとめあげられていったのだろうか。
いまに残されたものを手がかりに,中国の人びとの不断のいとなみのなかから,中国の歴史が形成されてゆくそのさまをたどってみよう。