主権国家体制の成立

価格
本体729円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 近代初頭のヨーロッパに生まれた主権国家。イタリア戦争,宗教戦争,三十年戦争を経てつくりだされた世界システムの意味を問う。
ISBN:
978-4-634-34290-3
シリーズ: 世界史リブレット 29
著者: 高澤紀恵 
刊行:
1997年12月
仕様: A5変型判  ・  88ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
歴史のなかの主権国家
1.帝国への夢
2.主権国家への起爆剤
3.最初のヨーロッパ大戦
4.戦争・国家・ヨーロッパ 
メッセージ・あとがき:
「主権国家」とはなんであろう。
人も資本も情報もやすやすと国境を越える現代世界において,いまだに強固に私たちを呪縛し,世界の秩序を担っている主権国家群。
本書は,主権国家という仕組みをそれらが並び立つひとつのシステムが16~17世紀にユーラシア大陸の西端,ヨーロッパの地で生まれてくる過程をあつかおうとしている。
やがて世界を席巻するこのシステムがどのような歴史的個性を刻んで誕生してきたかを求めて。