《新版県史》46.鹿児島県の歴史

価格
本体2,400円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 第2版 市町村合併に対応。
ISBN:
978-4-634-32461-9
シリーズ: 新版 県史 46
著者: 原口泉  永山修一  日隈正守  松尾千歳  皆村武一 
刊行:
2011年3月
仕様: 四六判  ・  376ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
 風土と人間 日本辺境の先進地
1章 鹿児島の黎明
 1 火山灰の台地から
    地層を読む
    定住生活の始まりと先進文化の広がり
    鬼界カルデラの噴火と縄文文化の展開
    [コラム]草野貝塚
 2 稲のきた道・貝輪の道
    稲作の伝来
    高橋貝塚と貝輪の道
 3 ヤマト王権と南九州
    成川式土器の時代
    高塚古墳
    地下式板石積石室墓と地下式横穴墓・土壙墓
    大隅直と大隅国造
2章 隼人と南島の世界
 1 隼人とクマソ
    南島人・隼人の朝貢開始
    神話・伝承の世界
    [コラム]「神代三山陵」
 2 律令国家と隼人・南島
    令制国・嶋の成立と隼人の戦い
    大隅国の成立と最後の隼人の戦い
    [コラム]隼人塚
    「薩麻国正税帳」の世界
    薩摩国・多褹嶋・大隅国の郡・郷
国府と郡家
    大隅・薩摩・多褹の財政
    隼人司の隼人たち
    南島と入唐路
    南島の世界
 3 隼人の消滅とその後の南九州
    隼人の消滅と軍事的緊張の消滅
    多褹嶋の停廃
    開聞岳噴火と橋牟礼川遺跡
    南九州の官道
    南九州の仏教と寺院
    [コラム]その後の薩摩国分寺
    南九州の神々
    平安前期の財政
3章 律令国家の変質と中世社会の成立
 1 国内支配の矛盾と島津荘の成立
    国司支配の動揺・変質
    薩隅地域と南島・宋との関係
    島津荘の成立
 2 薩隅両国における荘園公領制の成立
    郡・郷制の改編と島津荘の拡大
    薩隅両国における荘園公領制の成立
    [コラム]薩摩国・大隅国建久図田帳
 3 治承・寿永の内乱と鎌倉幕府の薩隅支配
    平忠景の乱
    平氏政権の薩隅支配
    [コラム]万之瀬河口遺跡
    知承・寿永の内乱と幕府の薩隅支配
4章 鎌倉幕府の薩隅支配
 1 幕府支配体制の成立と鎌倉御家人の西遷
    「建久図田帳」体制の成立
    [コラム]島津氏の出自
    関東御家人の西遷・定住
    [コラム]「入来文書」と朝河貫一
 2 幕府・守護の薩隅支配の進展
    守護支配の進展
    蒙古襲来と守護・幕府の薩隅支配の進展
5章 島津氏の領国形成と九州