江戸東京 味の散歩道

歩き味わう歴史ガイド
価格
本体1,600円 + 税
在庫: 誠に申し訳ありません。品切れです。
メールまたはお電話でお問い合わせください。
解説: 作家や落語家など街歩きの達人が,老舗の味を紹介する。荷風の通い詰めた店,池波正太郎が愛した味など,読んで,見て,歩いて楽しい老舗の数々を余すところなく紹介した。料理と史跡を満載した江戸の味の決定版。「江戸の食」老舗一覧,写真掲載付。
ISBN:
978-4-634-15013-3
刊行:
2011年12月
仕様: その他  ・  240ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
この本を手にスカイツリーの見える江戸の町へ出かけませんか

●江戸東京の料理と食生活
 食の楽しみは,その多くが江戸にはじまる

●江戸四大食の始源と展開①寿司 SUSHI
 幕末に生まれたちまち大流行

●江戸四大食の始源と展開②うなぎ UNAGI
 江戸前とは蒲焼きにはじまる

●江戸四大食の始源と展開③そば SOBA
 うどんからそばへは江戸へ流入した人々の嗜好だった

●江戸四大食の始源と展開④天ぷら TENPURA
 語源は不明 最初は屋台から

●江戸食の始源と展開
 描かれたさまざまな料理屋
 接待に行楽にいまと変わらぬ食べる楽しみ

●洋食・とんかつ・カレー - その始源と展開
 堂々たる日本料理なのだ!

池波正太郎が愛したスタンダードな大人の味

散歩の名人が伝授

名残をたどり懐かしの味を訪ねれば町の昔がみえてくる!

山本一力インタビュー
「江戸に学ぶ」とは現代に規範を取り戻す足がかり

泉鏡花『日本橋』の舞台を歩く - 日本橋・神田

懐古と呑み食い散歩 - 上野・谷中・根岸

水路がつくった江戸の味 - 両国・本所・深川

あの人の面影探す文芸散歩 - 山谷・吉原・浅草

古今亭菊之丞さんと落語の舞台を散策 - 品川・王子

墨田下町逍遥・スカイツリーのお膝元を歩く - 墨田・向島・亀戸

僕の東京ノスタルジー居酒屋 - 神田司町・立石

徹底研究・暖簾をまもる
 江戸創業 食の老舗
  うなぎ
  すし
  そば
  天ぷら
  御料理