20日完成 スピードマスター政治・経済問題集

価格
本体670円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 20日間で完成できる問題集。20テーマ構成。各テーマ前半2頁で実力点検。巻末に、全体を通して入試での出題が多い事項についての総まとめ「アタック」を掲載。センター試験直前の対策に最適。
ISBN:
978-4-634-05107-2
著者: 山川清山  市村清一 
刊行:
2015年7月
仕様: A5判  ・  96ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
はじめに:
 本書は、ほぼ3週間の効率的な学習でセンター試験対策を行なうことと、通常の中間テスト・期末テストなどの定期テスト対策として学習することの二つをねらい、構成している。
 大学入試センター試験は、単に用語を暗記しているだけでは解答できない、理解力を問う問題が多くなっている。そこで図や表を多用して理解を助け、内容を整理するとともに、過去の大学入試センター試験などの入試問題を分析し、学習指導要領に基づいた政治・経済の全教科書の用語を分析して作成してある。「スピード・チェック」は、頻度の高い用語を問題としているので、より実践的な学習は身につくと信ずる。
 20テーマに分けて学習内容をまとめてある。大学入試対策では、短時間で学習できるよう基礎的な事項の理解を系統的に整理した。定期試験対策では、用語の相互関連に注意して学習すると効果的である。用語の詳細な理解のためには、教科書の欄外の記述なり、『政治・経済用語集』で確認することが望ましい。
 次に「スピード・チェック」の問題演習を通じて、知識・理解の定着に努めてほしい。定期テスト直前の学習では、「スピード・チェック」の解答を確認するだけでほぼ十分であろう。
 また、「アタック」では、全体を通して入試での出題が多い事項について、ユニークな視点でまとめている。入試直前の整理に有効である。
 別冊の解答は、縦に配列し、解答をチェックしやすいように、用語の前につけた□に正答の有無を記入することによって、復習よりも効率的にできるよう工夫したので活用されたい。
 政治・経済は、時事的な要素が最も強い科目であり、国公立大学の二次試験の一般論文問題で出題されることから、日頃から新聞に目を通すなどの努力も必要である。
2015年5月                             編者