20日完成 スピードマスター現代社会問題集

価格
本体670円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 20日間で完成できる問題集。20テーマ構成。各テーマ前半2頁で実力点検。巻末に、全体を通して入試での出題が多い事項についての総まとめ「アタック」を掲載。センター試験直前の対策に最適。
ISBN:
978-4-634-05519-3
著者: 山川清山 
刊行:
2015年7月
仕様: A5判  ・  100ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
はじめに:
 本書は、ほぼ3週間の短期間で効率的な学習によって大学入試に合格することと、通常の中間テストや期末テストなどの定期テスト対策を行なうことの二つをねらいとして構成している。
 また、センター試験の受験対策も目的としている。センター試験は選択式の問題形式をとっているが、本書はあえてセンター試験の方式とは異なる空欄穴埋め方式をとっている。センター試験問題は単に用語を知っているだけでは解けない問題である。理解力を問う出題がほとんどであり、そのためには文章を読み、理解していく学習は必要であり、穴埋め形式の問題演習が効果的だからである。
 本書は学習指導要領に基づき、さらに過去のセンター試験の問題分析や現在使用されている現代社会の教科書の用語の分析を行なって作成した。「スピード・チェック」はその中の頻度の高いものを集めているので、より実践的な学習が身につくと信じる。
 巻末には「アタック」として「総まとめ」にしてある。これは分野ごとのまとめではなく、全体を通して入試での出題が多い事項について、ユニークな視点でまとめたものである。入試直前の整理に有効である。
 定期試験対策では、まとめのページの矢印など、相互関連に注意して学習すると効果的である。用語の詳細な理解のためには、教科書の欄外の記述なり、『現代社会用語集』で確認することが望ましい。
 解答は縦に配列し、解答をチェックしやすいように、用語の前につけた□に正解したか否かを確認できるように工夫してある。
 現代社会は、時事的な要素の最も強い科目である。日頃から新聞に目を通すなどの努力も必要である。政治・経済の動向などには関心を持とう。
2015年7月                                   編者