32.コプト聖人伝にみる十四世紀エジプト社会

価格
本体5,000円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 今日においても、中東最大のキリスト教の一派であるコプト。本書は、14~15世紀に著されたコプト教会の聖人伝から、エジプトにおける聖人崇敬や、キリスト教徒とイスラーム教徒の関係といった当時の社会状況を読み解き、そこから浮かび上がる中東社会の様相を明らかにする。
ISBN:
978-4-634-67389-2
シリーズ: 山川歴史モノグラフ 32
著者: 辻明日香 
刊行:
2016年11月
仕様: A5  ・  272ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 コプト聖人伝研究の意義
 1 マムルーク朝支配下のキリスト教徒 研究の現状と課題
 コプト聖人伝研究の意義/ムスリム・キリスト教徒関係研究の現状/コプトからみた十四世紀エジプト社会―研究の課題
 2 コプトの歴史
 コプトとは何か/イスラーム征服期以降のコプト史概観
 3 アラビ ア語コプト聖人伝の概要
 聖人と奇蹟/聖人伝史料の特徴と問題点/東地中海世界における隠者系統聖人伝叙述の伝統/『シナクサール』における十四世紀コプト聖人の記載

第Ⅰ部 下エジプトにおける聖人の活動 ― 十三ー十四世紀初頭

第一章 『ハディード伝』の世界 下エジプトの司祭
 1『ハディード伝』概要
 忘れられた聖人ハディード/ハディードの死亡年
 2 ハディードの生涯 司祭としての聖人
「ハディード伝」による記述/ハデイードに帰せられた美徳
 3 治癒を求めて 聖人のもとを訪れる人々
 ハディードを訪問する人々の特徴/ハディード訪問の目的/ハディードを訪問する人々の出身地
 4 『ハディード伝 』の時代背景 煎税と教会破壊
 スルタン・バイバルス一世期の重税/スルタン・カラーウーン期の教会破壊

第二章 『ユハンナー・アッラッバーン伝 』の世界  下エジプトのキリスト教社会
 1『 ユハンナー・アッラッバーン伝』概要
 無名な聖人ユハンナー/ユハンナーの死亡年/『ユハンナー伝』における奇蹟譚の収集方法
 2 ユハンナー・アッラッバーンの生涯 放浪する聖人
 ハデイードの弟子ユハンナー/下エジプトにおける活動と崇敬
 3 聖人のもとを訪れる人々の描写 天罰と飢饉
 ユハンナーを訪問する人々の特徴/ユハンナー訪問の目的/「奇蹟録」編纂に込められた意図
 4 ユハンナー・アッラッバーンが歩いたエジプト
 さまよう聖人/ユハンナーが訪れた町や村
 5『ユハンナー伝 』の時代背景 下エジプトにおける環境の変化
 一二九三年のズィンミー取り締まり令/塗り替えられる下エジプトの地誌

 
第Ⅱ部 カイロとその周辺における聖人の活動 十四世紀

第三章 『バルスーマー伝』の世界 隠修士としての聖人
 1 『バルスーマー伝』概要
 バルスーマーの生涯に関する研究/『バルスーマー伝』の編纂過程/「奇蹟録」における歴史的事件や人物への言及
 2 バルスーマーの生涯
 歴史的人物としてのバルスーマー/『バルスーマー伝』の記述/隠修士としてのバルスーマー
 3 仲介を求めて 聖人のもとを訪れる人々
 「奇蹟録」の舞台/ バルスーマーを訪れる人々/バルスーマーに帰せられた奇蹟
 4 バルスーマーとムスリムの信者
 ムスリムによる崇敬/奇蹟譚に込められた戦略

第四章 『アラム伝』の世界 「聖なる狂者」とは何か
 1 『アラム伝』概要
 2 アラムの生涯
 『アラム伝』の記述/アラムの生涯に関する年代特定/「聖なる狂者」としてのアラム
 3 聖人に求められる奇蹟 ナイル川の制御
 アラムに帰せられる奇蹟/だれがナイルを制御するか

第五章 『ルワイス伝』の世界 迫害下の聖人
 1 『ルワイス伝」概要
 高名な聖人ルワイス/『ルワイス伝』手稿本の問題/『ルワイス伝 』の著者と執筆年代
 2 ルワイスの生涯
 『ルワイス伝 』前書き/『ルワイス伝』「伝記 」に描かれたその生涯
 3 ルワイスに帰せられる奇蹟 迫害下のキリスト教徒
 ルワイスのもとを訪れる人々/「 奇蹟録 」におけるコプト官僚や改宗官僚の描写
 4 十四世紀後半エジプトにおけるコプトの社会的状況
 コプトの大量改宗をめぐる議論/マクリーズィーが伝える一三五四年の事件/一三五四年以降のコプトの社会的状況

第Ⅲ部 上エジプトにおける聖人の活動 十四世紀後半

第六章『ムルクス・アルアントゥーニー伝』の世界 修道院における暮らし
 1 『ムルクス・アルアントゥーニー伝』概要
 ムルクスと聖アントニウス修道院/『ムルクス伝』の著者と著述の時期
 2 ムルクス・アルアントゥーニーの生涯
 『ムルクス・アルアントゥーニー伝』前書き/ムルクスの生涯
 3 聖アントニウス修道院における暮らしと外界からの訪問者
 聖アントニウス修道院における生活/聖アントニウス修道院への参詣者
 4 ムルクスに帰せられる奇蹟 治癒と執り成し
 5 聖人伝に描かれた十四世紀後半の改宗問題
 避難先としての修道院/改宗官僚の信仰/改宗問題への対応

第七章 『イブラーヒーム・アルファーニー伝 』の世界 ある修道士の生涯
 1 『イブラーヒーム・アルファーニー伝』概要
 2 イブラーヒーム・アルファーニーの生涯
 『イブラーヒーム・アルファーニー伝』前書き/「伝記」に記されたイブラーヒームの生涯
 3 忠告と予言 イブラーヒームに帰せられる奇蹟
 4 十四世紀末におけるカイロのキリスト教徒社会
 
終章 聖人伝に描かれたエジプト社会
 1 聖人伝編纂の意味
 2 マムルーク朝エジプトに生きる人々

あとがき