始動する「アメリカの世紀」 両大戦間期のアメリカと世界

予価
5,500円 (税込)
在庫: 未刊
解説: 現代アメリカ政治の保守化・社会的分裂の潮流から問われる、1930年代ニューディールの政治史的意義とは。アメリカ史研究の第一人者が20世紀初頭から半ば、大きく転換していくアメリカと世界の様相を描く。

※2024/3/21新刊配本予定
ISBN:
978-4-634-67259-8
著者: 紀平英作 
刊行予定:
2024年3月
仕様: A5  ・  320ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
第1部 世界大戦から戦後へ
 第1章 第一世界大戦と感染症バンデミック
第2部 新ヘゲモニー国家アメリカの光と影
 第2章 始動する巨大国家アメリカ
 第3章 大恐慌の衝撃と転換する政治論理
第3部 東アジアの変容
 第4章 二人の哲学者がみた中国の苦悩
 第5章 ワシントン体制の破綻
第4部 ニューディールが残したもの
 第6章 ニューディールと一九三七年憲法革命
 第7章 公正労働基準法の成立をめぐって
 第8章 苦闘するローズヴェルトとニューディール