聖デメトリオスは我らとともにあり 中世バルカンにおける「聖性」をめぐる戦い

価格
本体3,000円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: ※4/9新刊配本予定
幾多の夷狄を撃退したテサロニケの守護聖人デメトリオスは、12世紀末、ブルガリア再独立のシンボルとなって以来、バルカン半島に覇を競う諸勢力の争奪の的となった。各国の政治的思惑と宗教的情念が交錯する激動の中世バルカン史を追う。
ISBN:
978-4-634-67248-2
著者: 根津由喜夫 
刊行:
2020年4月
仕様: 四六  ・  216+口絵4ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 1枚の絵の謎

第1章 聖デメトリオス信仰の生成と発展

第2章 聖者はタルノヴォに去りぬ?

第3章 聖都テサロニケの反撃

第4章 テサロニケ皇帝テオドロス・ドゥーカスの挑戦

第5章 イヴァン・アセン2世と王都タルノヴォ

第6章 テサロニケ セルビア人の心の都

終章 オスマン支配下の「和解」

あとがき