イギリス近世の国家と都市 王権・社団・アソシエーション

価格
本体4,800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 支配権力が民衆の自発的・自然生的な社会的結合をどのように包摂したのかを、中間団体の法人化に着目して、16・17世紀イギリスの国家秩序編成の過程を明らかにする。
多彩な統計資料を精緻に検討した研究書。
ISBN:
978-4-634-67243-7
著者: 坂巻清 
刊行:
2016年5月
仕様: A5判  ・  320ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 イギリス近世の国家をみる視点――支配権力と自発的な社会的結合
 1.二宮宏之とアンウィンの社会的結合論
 2.ブラディックとヒンドルの国家形成論
 3.法人ということ――擬人化と虚構の人格

第一章 中世末期ロンドンの自発的結合組織の展開
 1.フラタニティ
 2.ロンドンの教区フラタニティ
 3.リヴァリ・カンパニーの成立
 4.階層性の確立から世俗化へ

第二章 都市の法人化
 1.都市法人化の進展と階層化
 2.都市特権の拡大と王権の浸透

第三章 16世紀後半のロンドン
 1.地縁的結合と区・教区
 2.区共同体と役人
 3.教区
 4.エリザベス期のリヴァリ・カンパニー
 5.都市共同体と社団的秩序
 6.ウィッティントン物語にみるロンドンの表象

第四章 都市の社団的編成の確立
 1.都市法人化の最盛期――1540~58年
 2.エリザベス期の都市法人化――都市の社団的秩序の確立
 3.寡頭制的都市の政治文化

第五章 議会と都市
 1.王権・議会・議員構成
 2.主要都市の議員の圧力団体

第六章 国家秩序の編成
 1.官僚制なき国家
 2.家父長制国家
 3.国教会体制

第七章 17世紀前半の社団的編成の動揺
 1.ロンドンの動向
 2.ロンドン市の法人化
 3.地方都市の法人化と再法人化
 4.権限開示要求
 5.下院議員選挙の有権者

第八章 社団と帝国
 1.アイルランド組合の成立
 2.ロンドンデリー植民事業の展開
 3.社団から財政軍事国家へ

終章 議会主権と社団的秩序の後退
 1.名誉革命へ向けて
 2.社団的秩序の後退――三層構造の変化
 3.上向過程の優位

 あとがき