明清時代交通史の研究

価格
本体3,796円 + 税
在庫: 在庫なし
重版未定
解説: 明清時代の駅伝・漕運という二大交通制度を,広く史料を駆使して研究。「明代駅伝制度の機構と運営」「清代漕運制度の展開」の2篇から成り,これらの交通制度が内外の商業の発達によって性格をかえていった経緯を明らかにする。
ISBN:
978-4-634-65220-0
著者: 星斌夫 
刊行:
1971年3月
仕様: A5判  ・  400ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加