final 日本史こぼれ話 (近世・近代)

価格
本体950円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 歴史上の事件や人物にまつわる興味深いエピソードを集めた,日本史小話集。正史の陰に隠された,人間の喜怒哀楽や驚くべき裏話が満載。高校生から一般の方まで,読むほどに日本史が楽しくなる一冊。これであなたも日本史通!待望のこぼれ話シリーズ(全8巻)完結編。
ISBN:
978-4-634-59322-0
著者: 野呂肖生 
刊行:
2007年7月
仕様: 新書判  ・  240ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
                    ●:歴史用語解説
1 幕政の開始
  剛直かつ細心の大久保彦左衛門/秀忠を支えた大久保忠隣/
  奉公に徹した知恵伊豆/●大名の国司名/名宰相阿部忠秋/
  天海の悲願、東叡山寛永寺の建立/●日光輪王寺/
  東西の受難の大仏
2 弾圧と抵抗
  厳しかった絵踏/仙北の隠れキリシタン/●隠れと転び/
  国姓爺とその母/●国姓爺/安宅丸の解体/
  悲しい叛乱計画、承応事件/●浪人と牢人/磔茂左衛門/
  隠れ念仏の弾圧
3 活発な経済活動
  人気を集めた下りの酒/●酒屋の看板・酒林/紅花大尽/
  箱根用水/一里塚の榎/●雲助/裏道のある関所破り/
  ●今切と姫街道/両国橋三〇〇〇両のにぎわい
4 浮世の文化
  名画工、狩野探幽/●僧官の位階/趣味に生きた尾形光琳/
  流人生活を送った英一蝶/明石志賀之助、横綱になる/
  ●相撲・横綱/ふみつけの平内さま
5 動揺する政治と社会
  目安箱と山内幸内/将軍吉宗に反抗した尾張宗春/
  民心をつかんだ恩田木工/投込み寺/●岡場所/永代橋の落下/
  享保の飢饉と義農作兵衛/●近世の三代飢饉/稲むらの火/
  海の豪商銭屋五兵衛/●北前船
6 文化の新気運
  非常の人、平賀源内/からくり儀右衛門/
  耶蘇といわれた高橋景保/化政時代のユーモア/
  塙保己一の努力と頓智/●検校/奇行で知られた良寛
7 大江戸の文化
  出雲の名工、小林如泥/偽の絵に祝宴を張った名工/
  噂で人気の流行仏/●江戸の六地蔵・五不動・三代閻魔/
  清涼寺釈迦の御利益/祟りとなったお岩さま/
  名薬ういらうと団十郎/温情あふれる蜀山人
8 幕末の世相
  唐人お吉の実像/板橋の縁切り榎/パリ万博にでかけた武士たち/
  ●万国博覧会/江戸に来たシュリーマン/●居留地/
  豚一将軍徳川慶喜/地雷の瀬ぶみ/神戸事件と堺事件
9 文明開化
  明治の肉食/●すきやき/ゆきすぎた廃仏毀釈/消滅した永久寺/
  上野の"時の鐘"/●半ドン/郵便創業の苦心/
  銀座煉瓦街の建設/●外国人と犬/天保銭の悲劇/●びた一文/
  国宝をもちだしたフェノロサ
10 明治の諸事件
  陸軍汚職事始め-山城屋事件/岩倉具視の遭難/
  大久保利通の暗殺/不敬として殺された森有礼/
  烈女畠山勇子の自決