知って得する日本史話

価格
1,980円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 史話のなかには事実か疑わしい話もあるが、なぜこのような話がうまれたのかを考えると興味深い。楽しく読める日本史の事件や人物などの裏話が満載。
ISBN:
978-4-634-59080-9
著者: 野呂肖生  髙橋ひろ子 
刊行:
2015年4月
仕様: A5判  ・  304ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
第1部 原始・古代
 1 伝承の世界
   常陸のだいだらぼう/富士山にのぼった徐福/
   オトタチバナヒメの入水/ヤマトタケルの死/
   「悪神」視されたスサノオ/卑弥呼は、天皇家の皇女か?/
   甲賀三郎伝説の形成
 2 ヤマトの王権
   雄略天皇と少子部栖軽/コラム 古墳の呼び名/
   謎めく継体王朝/コラム 西暦と皇紀/
   流転する三種の神器/日向の百済王伝説/昔はあった女相撲/
   三国伝来の善光寺如来
 3 あおによし奈良の都
   伝説の歌聖、柿本人麻呂/酒の湧き出した養老の滝/
   コラム 祥瑞改元/女人を救った行基/
   行基伝説で知られるぶどう薬師/元祖陰陽師の吉備真備/
   人間味あふれる万葉歌人
 4 天平の遙かな祈り
   蔵王権現の出現/東大寺の執金剛神像/コラム 三月堂と二月堂/
   真相不明の大仏公害/コラム 甲子革令・辛西革命/
   七夕伝説の広がり
 5 花開く平安京
   坂上田村麻呂の蝦夷平定/鞍馬寺の奇瑞/
   ワイルドな異色学者、小野篁/木地師の祖、惟喬親王/
   欲をかいてだまされた俊綱朝臣
 6 信仰の広がり
   異郷で果てた霊仙三蔵/コラム 四大聖地と五岳/
   千観の往生/コラム 一乗・三乗/
   永観堂の見返り阿弥陀/霊験あらたかな六角堂/
   粉河寺千手観音の奇瑞/スーパー陰陽師、阿部晴明/
   御霊信仰の流行/大将軍信仰の広まり
 7 雅な国風文化
   管絃の名手、源博雅/能書きを自負した小野道風/
   コラム 三筆と三蹟/炎に魅せられた絵師/
   鬼殿と藤原朝成の伝説/「三船の才」をうたわれた藤原公任/
   コラム 幕末の三舟
 8 武士の登場
   愛人に裏切られた平将門/秘曲を伝えた新羅三郎/
   島流しにされた英雄の祟り/コラム 前九年・後三年の合戦/
   源三位頼政の鵼退治/怨霊となった崇徳上皇

第2部 中世
 1 散る平氏と咲く源氏
   牡丹の花のような貴公子、平重衡/頼朝に認められた乗馬の名手/
   畠山重忠、大力の相撲取りを倒す/判官びいきが作り出した英雄/
   西行の遁世/コラム 西行と東行/弁慶の引きずり鐘/
   明恵上人の遺訓/コラム 阿字観
 2 鎌倉の男たち
   風雲児、後鳥羽上皇/御家人たちに信服された北条泰時/