全体史へ〈山口啓二の仕事〉 読む解く学ぶ 日本近世史

価格
本体2,000円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 戦後の日本近世史研究をリードした山口啓二の仕事から、古典となる二つの論文を精緻に読み 解き、歴史資料への向き合い方、民衆の視座から近世の全体史をみとおす研究法を学び、いま、 取り組むべき新たな課題を模索する。
ISBN:
978-4-634-59304-6
著者: 吉田伸之  森下徹 
刊行:
2020年5月
仕様: A5  ・  196ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
 序章 全体史へ――山口啓二の仕事

Ⅰ部 山口啓二を読む
 [1章 要旨]
 1章 近世初期秋田藩における鉱山町―院内銀山を中心に
 [2章 要旨]
 2章 秋田藩成立期の藩財政

Ⅱ部 史料を読み解く
 解説1 梅津政景日記について
 解説2 院内銀山について
 史料研究ノート1 院内銀山町の商いと町定
 史料研究ノート2 「領内の上方」と年貢米処理

Ⅲ部 山口啓二に学ぶ
 1章 院内銀山の都市社会史研究に学ぶ
 2章 藩政史研究の原典

 あとがき