もういちど読む 山川日本近代史

価格
本体1,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 1冊で日本の近代史を簡潔に叙述し、その全体像を示す。コラムのほか、学界の動向がわかる解説を設け、日本史の理解に役立たせる。最近の日本史がわかる社会人のための教科書。
ISBN:
978-4-634-59112-7
シリーズ: もういちど読むシリーズ
著者: 鳥海靖 
刊行:
2013年4月
仕様: A5判  ・  272ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序 日本近代史をどうみるか

第1章 近代国家の成立
 1 開国と幕末の動乱
   開国/開港とその影響/政局の転換/公武合体と尊攘運動/
   倒幕運動の展開/幕府の滅亡/幕末の文化
 2 明治維新と富国強兵
   戊辰戦争/新政府の発足/中央集権体制の強化/
   身分制度の改革/地租改正/近代産業の育成/文明開化/
   明治初期の国際問題/新政府への反乱
 [コラム]
   会津藩の明治維新/初期の鉄道/お雇い外国人/明治維新論/
   明治維新の指導者たち
 3 立憲国家の成立と日清戦争
   立憲政治への動き/自由民権運動の始まり/国会開設運動/
   政党の成立/松方財政/民権運動の激化/国家体制の整備/
   憲法の制定/明治憲法体制の特色/初期議会/条約改正/
   朝鮮問題/日清戦争と三国干渉
 [コラム]
   私擬憲法/「板垣死すとも自由は死せず」/自由民権運動の性格/
   伊藤博文の立憲政治調査と議会の予算審議権/
   憲法発布と国民の態度/ノルマントン号事件/
   福澤諭吉の「脱亜論」
 4 日露戦争と国際関係
   日清戦後の政府と政党/立憲政治の定着/官僚制の確立/
   列強の中国分割/北清事変と日英同盟/日露戦争/
   日露戦後の国際関係/韓国併合/満州進出と日米摩擦/
   桂園時代
 [コラム]
   帝国主義/国内世論に関するベルツの観察/
   ネルー少年と日露戦争/アメリカの日本人移民
 5 近代産業の発展
   産業化の基礎整備/民間企業の勃興/産業革命の達成/
   資本主義の発展/社会問題の発生
 [コラム]
   日本資本主義の特色
 6 近代文化の発達
   明治文化の特色/思想界の動向/信教の自由/
   教育の普及と統制/学問の発達/ジャーナリズムの発達/
   近代文学/芸術/国民生活の近代化/人口の増加と伝染病
 [コラム]
   知識人の西洋文化摂取の姿勢/都市の食生活

第2章 近代日本とアジア
 1 第一次世界大戦と日本
   大正政変/第一次世界大戦/辛亥革命とロシア革命/
   日本の中国進出/大戦景気/民本主義/米騒動の勃発/
   原内閣と政党政治
 [コラム]
   加藤高明外相の参戦発言/尼港事件/船成金
 2 ワシントン体制
   パリ平和会議/ワシントン会議/協調外交の展開