もういちど読む 山川日本戦後史

価格
本体1,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 占領下の日本から現代まで、高等学校の日本史の教科書を全面的に書き改め、政治・経済分野を中心に戦後70年の日本のあゆみをわかりやすく記述しました。国際社会の中の日本という視野に立って、戦後の日本のあり方を考える社会人のための教科書です。
ISBN:
978-4-634-59113-4
シリーズ: もういちど読むシリーズ
著者: 老川慶喜 
刊行:
2016年4月
仕様: A5判
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
第1章 占領下の日本
 1.占領と改革
 2.非軍事化と民主化
 3.民主的諸改革
 4.国民生活の混乱
 5.戦後の世相と文化

第2章 冷戦と講和
 1.占領政策の転換
 2.インフレの抑制と経済安定の9原則
 3.朝鮮戦争と戦後復興
 4.生活のゆとりと大衆文化

第3章 高度成長の時代
 1.55年体制の成立
 2.高度経済成長と保守政権の安定
 3.高度成長の転換と長期安定政権
 4.高度成長期の諸問題
 5.生活・社会の変容と文化

第4章 経済大国への道
 1.ニクソン・ショックの波紋
 2.高度経済成長の終焉
 3.経済大国の実現
 4.バブル経済と市民生活
 5.市民意識の保守化と文化

第5章 現代の世界と日本
 1.冷戦の終結と東欧革命
 2.混迷する政治
 3.バブル経済の崩壊と長期不況
 4.社会の変容と文化
 5.当面する諸問題