北海道の宗教と信仰

価格
本体2,300円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 先住のアイヌ民族と和人が共存する北海道において,どのような宗教が根づき,それがどのように信仰されてきたのかを,神道・仏教・キリスト教を中心に,民間信仰もふくめて復原・検証し,具体的に描く。
ISBN:
978-4-634-59066-3
著者: 佐々木馨 
刊行:
2009年8月
仕様: 四六判  ・  272ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
第1章 海を渡った「みちのく」の古代天台宗
第2章 松前藩の宗教政策
第3章 菅江真澄がみた近世の宗教と信仰
第4章 史料が語るアイヌの生活と信仰
第5章 トラピスト修道院の世界
第6章 神社祭礼の構造
第7章 現代に息づく民間信仰
第8章 北海道宗教の出版文化史