《日本史リブレット人》007.聖武天皇 帝王としての自覚と苦悩

価格
本体800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 平城京・正倉院宝物・国分寺など、はなやかな天平文化の中心にあった聖武天皇。しかし晩年にはさまざまな苦難が重なり、仏教に没頭してゆく。奈良時代を代表する天皇の人物像を、その言葉とともに描く。
ISBN:
978-4-634-54807-7
シリーズ: 日本史リブレット人
著者: 寺崎保広 
刊行:
2020年3月
仕様: A5変  ・  100ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
言葉からみる聖武天皇像

1.聖武天皇即位まで
誕生/文武天皇の急逝/平城京遷都/聖武天皇の即位

2.天平年間の聖武天皇
男子の誕生とその死/長屋王の変と光明立后/天命思想/藤原四子の死

3.彷徨五年
藤原広嗣の乱/恭仁宮と紫香楽宮/国分寺建立と大仏造営/東大寺の成立

4.晩年の聖武天皇
後継者問題/三宝の奴/譲位/崩御

帝王として生きる