《日本史リブレット》001.旧石器時代の社会と文化

価格
880円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 土器が出現する以前の後期旧石器時代の人々が,厳しい自然と共生しつつ,独特の文化をはぐくみ,たくましく生きた社会の基層を,発掘調査をもとに探る。住居跡の発見や漁労への関与などの新しい知見も紹介する。
ISBN:
978-4-634-54010-1
シリーズ: 日本史リブレット 1
著者: 白石浩之 
刊行:
2002年5月
仕様: A5変型判  ・  104ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
1.旧石器時代へのタイムトンネル
  研究の歴史/第四紀と旧石器時代/火山灰と文化層/
  相対年代と絶対年代
2.石器の原料・技術・分布
  石材原産地と石器群/石器の製造技法と諸技術/
  石器の形態と型式/石器群の組合わせとその分布
3.石器群の地域性とその編年
  各地域の旧石器文化の様相/台形様石器を主体とした石器群/
  ナイフ形石器を主体とした石器群/石槍を主体とした石器群/
  細石器を主体とした石器群/
  旧石器時代終末から縄文時代草創期への転換/
  後期旧石器時代の再検討
4.移動生活と集落
  約三万年前の集落形態とその意義/約二万年前の集落とその意義/
  拠点集落とキャンプ地
5.社会と文化
  生業活動からみた文化/石器の流通組織/
  旧石器時代の文化と社会 
メッセージ・あとがき:
後期旧石器時代は,土器が出現する以前の更新世後期に相当する石器文化です。
三~一万年前の悠久な時の流れによって停滞的な文化として考えられがちですが,その多くを自然と共生しながら生活しつつ,時には厳しい自然を克服して,独特の文化をはぐくんできました。
旧石器時代の人々がたくましく生きてきた人類文化の基層を知ることによって,現実の世界の中で何かを私たちに問いかけていることがわかるでしょう。
さあ,タイムトンネルに入って旧石器時代の世界にいきましょう。