賄賂とアテナイ民主政 美徳から犯罪へ

価格
本体1,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 贈り物のやりとりが,人と人との絆を深めていた古代ギリシアでは,賄賂もまた贈り物の一つであった。もともと贈与互酬の美徳を大事にしていたギリシア人が,ある時から賄賂をきびしく断罪するようになったのはなぜか。デモクラシーの故郷であるアテナイ民主政を舞台に,古代市民が賄賂の問題とどのように格闘したかを探る。
ISBN:
978-4-634-49199-1
シリーズ: ヒストリア 28
著者: 橋場弦 
刊行:
2008年11月
仕様: 四六判  ・  192ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
1.賄賂と贈与
2.贈り物は神々をも説得する
3.ペルシア戦争という転機
4.さまざまな賄賂
5.罪と法
6.賄賂と民主政 
メッセージ・あとがき:
贈り物のやりとりが人と人との絆を深めていた古代ギリシアでは、賄賂もまた贈り物の一つであった。
もともと贈与互酬の美徳を大事にしていたギリシア人が、あるときから賄賂をきびしく断罪するようになったのはなぜか。
デモクラシーの故郷であるアテナイ民主政を舞台に、古代市民が賄賂の問題とどのように格闘したかを探る。