歴史がつくった偉人たち 近代フランスとパンテオン

価格
本体1,500円 + 税
在庫: 誠に申し訳ありません。品切れです。
メールまたはお電話でお問い合わせください。
解説: フランス革命以来,多くの「偉人たち」が奉られたパリのパンテオン。政変のたびに変わる「偉人たち」。フランス近現代史の一次史料として,パンテオンを読み解く。
ISBN:
978-4-634-49196-0
シリーズ: ヒストリア 25
著者: 長井伸仁 
刊行:
2007年6月
仕様: B6変型判  ・  192ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
1.パンテオンという場
2.汎神殿の考古学
3.偉人たちの革命
4.歴史のための闘い
5.ネイションを求めて
6.神々の黄昏
あとがき
史料・主要参考文献
図表出典一覧 
メッセージ・あとがき:
パリはセーヌ左岸の「サント=ジュヌヴヤエーヴの丘」。
ここに巨大な建造物が鎮座している。
その名はパンテオン。
地下には,フランスという国のためにカを尽くした数々の「偉人」が眠る。
この建物こそ,フランス革命の痕跡を,さらには以後2世紀の紆余曲折を深く知み込んだ,フランス近代史の一次史料なのだ。