漢字の潮流

価格
本体1,800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 日本・朝鮮・中国などで漢字はどのように受容され,現在にいたっているのか。コンピューター上での扱い方を含め,漢字の伝統と現在を多面的に考える。
ISBN:
978-4-634-47160-3
シリーズ: シリーズ国際交流 6
著者: 松浦友久  江森一郎  西田龍雄  松岡榮志  川本邦衛  戸川芳郎  伊藤英俊  斎賀秀夫  田中恭子  野村雅昭  マーティン・J・テュールスト  高田時雄  梅田博之 
刊行:
2000年4月
仕様: 四六判  ・  198ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
はじめに
Ⅰ 日本文化と漢字
    漢字とは何か―文字の再認識にまつわる雑感
    ■日本語の中の漢字■
      日本語の正書法と漢字
      戦後の漢字施策とその影響
      寺子屋と漢字教育
Ⅱ 鼎談
    コンピュータ時代の漢字―漢字の国際コードをめぐって
Ⅲ 諸外国、諸文明における漢字
    韓民族・韓国における漢字の伝統と現在
    ベトナムの漢字文化―伝統と現在
    中国少数民族の変形漢字
    東南アジア華人と漢字文化
    中国の漢字の伝統と現在
    詩歌芸術としての漢字・漢語―「漢俳句」にいたる日中交流
あとがき