イギリス史

価格
本体3,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 市民革命からパクス・ブリタニカへ,近代世界をリードしたイギリスの歴史を,ケルトの時代に遡り,サッチャー主義の時代をへた今日まで,バランスよく叙述する。1章をさいてアイルランドも扱う。(連合王国・アイルランド)
ISBN:
978-4-634-41410-5
シリーズ: 新版 世界各国史 11
著者: 佐々木雄太  秋田茂  木畑洋一  朝治啓三  指昭博  岩井淳  山本正  青木康  川北稔  山代宏道 
刊行:
1998年4月
仕様: 四六判  ・  552ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 イギリスとは何か
  1 イギリスの歴史的風土
  2 イギリス史を貫くもの-帝国とジェントルマン
第一章 「イギリス」の成立
  1 ケルトとローマ
  2 王国統一への道
  3 封建国家の成立
第二章 アンジュー帝国
  1 アンジュー帝国の成立
  2 王権と諸身分
  3 議会の形成
  4 ブリテン島の統一への道
第三章 百年戦争とバラ戦争
  1 エドワード三世時代
  2 黒死病と農民一揆
  3 ランカスタ朝の成立
  4 バラ戦争
第四章 近世国家の成立
  1 近世の幕開け
  2 宗教の動揺
  3 エリザベスの治世
第五章 革命の時代
  1 ピューリタン革命の原因
  2 ピューリタン革命の展開
  3 王政復古から名誉革命へ
  4 名誉革命体制
第六章 ヘゲモニー国家への上昇
  1 商業革命と財政革命の時代
  2 第一帝国の成立と崩壊
  3 最初の工業化
第七章 伝統と革新の相克
  1 革命の衝撃と政党政治
  2 ナポレオンの戦い
  3 自由主義への転換
  4 穀物法撤廃と「飢餓の四〇年代」
第八章 パクス・ブリタニカの盛衰
  1 繁栄の時代
  2 帝国主義時代の到来
  3 エドワード時代
第九章 福祉国家への道
  1 第一次世界大戦
  2 伝統と現代化
  3 第二次世界大戦と戦後変革
第十章 「コンセンサスの政治」からサッチャー主義へ
  1 保守党政権と「コンセンサスの政治」
  2 経済危機と政治不安の時代
  3 サッチャー主義の時代
  4 二十一世紀へのイギリス
第十一章 イギリス史におけるアイルランド
  1 中世末までのアイルランド
  2 テューダー朝のアイルランド「改革」=イギリス化
  3 プロテスタント優位体制の成立と
     イギリス重商主義帝国の植民地下
  4 連合王国下のアイルランド
  5 北アイルランドの特殊事情
  6 現代のアイルランド

付録
索引/年表/参考文献/イングランド・大ブリテン王国王室系図/歴代首相一覧/イギリスの通貨/イギリスの暦/イギリスの伝統的州区分/イギリスの地方行政区分/アイルランドの地方行政区分/写真引用一覧/図表資料一覧