グローバル・ヒストリーの挑戦

価格
本体2,800円 + 税
在庫: 誠に申し訳ありません。品切れです。
メールまたはお電話でお問い合わせください。
解説: 現在に連なるグローバリゼーションの動きに歴史家はどのような方向性を見出し提示しうるか。第一戦の研究者達がそれぞれの専門分野からアプローチした東京大学教養学部での連続講義をもとに編集したグローバルヒストリーの入門書。
ISBN:
978-4-634-64034-4
著者: 水島司 
刊行:
2008年8月
仕様: 176ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 グローバル・ヒストリー研究の挑戦・・・水島司
第Ⅰ部 グローバルヒストリーの方向
 第1章 初期グローバル・ヒストリー・ノート・・・濱下武志
 第2章 歴史学はグローバル研究にどのような貢献ができるか・・・ケネス・ポメランツ
 第3章 世界史教育、東南アジア史、グローバル・ヒストリー・・・桃木至朗
 第4章 「イスラム世界」と新しい世界史・・・羽田正
 第5章 世界システム論からグローバル・ヒストリーへ・・・山下範久
 第6章 グローバル・ヒストリーと帝国、帝国主義・・・木畑洋一
第Ⅱ部 グローバル・ヒストリーの試み
 第7章 アジア国際秩序とイギリス帝国、ヘゲモニー・・・秋田茂
 第8章 中華帝国の経済と情報・・・古田和子
 第9章 日本綿業とグローバル・ヒストリー・・・谷本雅之
 第10章 銅からみた近世アジア間貿易とイギリス産業革命・・・島田竜登
 第11章 思想のグローバル・ヒストリー・・・吉澤誠一郎
 第12章 食料生産と人類・・・川島博之
 第13章 イメージの都市、リアルの都市・・・城所哲夫