イギリス史研究入門

価格
2,750円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 議会を中心とする近代政治のモデルをなした複合国家イギリス。その伝統ある歴史研究の理論と方法を,古代から現代までの時代と主要なテーマから明らかにする。2000点におよぶ史料文献リストとあわせて,研究入門の決定版。
ISBN:
978-4-634-64036-8
著者: 近藤和彦  鶴島博和  小泉徹  坂下史  金澤周作  西沢保  富田理恵  勝田俊輔  青木康  西川杉子  秋田茂 
刊行:
2010年10月
仕様: 四六判  ・  418ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
第Ⅰ部
 第1章 総説    近藤和彦
   1 イギリスの歴史
   2 ロンドン、大学、図書館、チャリティ
   3 イギリス史の叙述の変遷
   4 研究のガイドとリソース
 第2章 ローマン・ブリテン~10世紀    鶴島博和
   1 ブリテン史の射程
   2 ローマ帝国とブリテン
   3 ポストローマと諸民族と王国の形成
   4 ヘゲモニー国家イングランドの出現 9世紀~11世紀中葉
 第3章 11世紀~近世前夜    鶴島博和
   1 ラテン的キリスト教世界とブリテン
   2 半周辺と周辺の構造化 11~13世紀
   3 島嶼複合諸国家体制 14~15世紀
 第4章 近世    小泉徹
   1 イギリス史のなかの近世
   2 長期的変化
   3 主権国家への胎動 1450~1530年
   4 主権国家の構築 1530~1630年
   5 主権国家の危機とその克服 1630~90年
 第5章 長い18世紀    坂下史
   1 18世紀という時代
   2 名誉革命体制の成立と安定化 1688~1730年
   3 洗練され商売上手な人びと 1730~83年
   4 名誉革命体制の動揺と改革熱の高揚 1783~1815年
 第6章 19世紀    金澤周作
   1 19世紀史というテーマ
   2 模索の時代 1815~50年
   3 均衡の時代 1850~70年
   4 摩擦の時代 1870~1914年
 第7章 20世紀    西沢保
   1 20世紀という時代
   2 新自由主義と20世紀システムの形成
   3 第二次世界大戦と戦後世界の形成 福祉のコンセンサス
   4 帝国からヨーロッパへ 国際関係
   5 サッチャリズムとニュー・レイバー
 第8章 スコットランドとウェールズ    富田理恵
   1 イギリスとスコットランド
   2 主権国家としてのスコットランド
   3 連合王国のなかのスコットランド
   4 ウェールズ    近藤和彦
 第9章 アイルランド    勝田俊輔
   1 アイルランド近現代史研究というテーマ
   2 アイルランド王国期
   3 連合王国から南北分離・独立へ
   4 アイルランド島史を超えて 
 第10章 議会    青木 康
   1 議会史というテーマ
   2 議会の形成
   3 国政の中心へ
   4 「長い18世紀」の議会寡頭政治
   5 民主政治と議会
   6 貴族院と他の議会
 第11章 教会    西川杉子
   1 閉ざされた宗教史研究1980年代以前
   2 広がる宗教史
 第12章 帝国    秋田茂
   1 帝国史というテーマ
   2 帝国の起源
   3 環大西洋世界と東インド
   4 自由貿易帝国と「パクス・ブリタニカ」
   5 脱植民地化
第II部
 A レファレンス・専門誌・史料・リソース
 B 研究文献

◆付録
 年表
 系図
 地図
 人名索引
 事項索引


メッセージ・あとがき
だれもが知っている英国,わかりにくいイギリス史。
その論点と方法を丁寧に解説。
刊行史料・研究文献などの基本データを網羅した入門書の決定版。