055.フリードリヒ大王 祖国と寛容

価格
本体800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 「第一の下僕」と自らを位置づけ、啓蒙絶対君主の典型とされるフリードリヒ大王。彼の生涯をたどり、啓蒙とは何か、プロイセン国家とは何だったのかを考える。
ISBN:
978-4-634-35055-7
シリーズ: 世界史リブレット人 55
著者: 屋敷二郎 
刊行:
2016年12月
仕様: A5変  ・  120ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
第一の下僕
1.ホーエンツォレルン家とプロイセンの伝統
2.修業時代
3.大王への道
4.寛容の「祖国」を求めて 
メッセージ:
「第一の下僕」と自らを位置づけた若きフリードリヒは、果敢な対外戦争によって「大王」となった。文人でありたいという生来の願望を抑え、激動の治世をつうじて事故を律した「老フリッツ」は、慣用・衡平・自由を重んじ、自ら率先して祖国に奉仕することで、市民の主体性を「下から」導き出そうとした。本書は、啓蒙絶対君主の典型とされるフリードリヒ大王の生涯をたどり、啓蒙とは何か、プロイセン国家とは何だったのかを考える。