008 ユリアヌス 逸脱のローマ皇帝

価格
本体800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 4世紀、諸々の問題をかかえたローマ帝国の統治にあたった皇帝としてユリアヌスの生涯をたどり、その行動・思想を通し「背教者」としてではない彼の一面を描く。
ISBN:
978-4-634-35008-3
シリーズ: 世界史リブレット人 8
著者: 南川高志 
刊行:
2015年12月
仕様: A5変型判  ・  112ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
「背教者」ユリアヌスとローマ帝国の運命
1.コンスタンティヌス大帝のローマ帝国
2.囚われの日々
3.副帝ユリアヌス
4.ローマ皇帝ユリアヌスの誕生
5.伝統宗教の復興
6.ペルシア戦線での悲劇 
「背教者」と呼ばれるユリアヌスは、コンスタンティヌス大帝の甥として生まれながら、幼くして両親を失い、孤独で幸薄い幼少年期を生きた。そのユリアヌスが、数奇な運命によってローマ皇帝となった。本書は、文学・哲学を愛する青年だったユリアヌスが突然帝国政治のただ中に放り込まれ、逸脱を繰り返しながらも伝統宗教の復興や対外遠征などの課題に立ち向かったその姿を追いながら、後期ローマ帝国の実相を描き出そうと試みる。