039.東南アジアの中国人社会

価格
本体729円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 中国人としてのアイデンティティを保ちながら現地社会に溶けこみ,独自の世界をつくり上げた東南アジアの華僑。彼らの歴史と現在の姿を探る。
ISBN:
978-4-634-34390-0
シリーズ: 世界史リブレット 39
著者: 川崎有三 
刊行:
1996年8月
仕様: A5変型判  ・  88ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
東南アジアの中国人
1.潮州人漁村S村
2.東南アジアにおける中国人社会の形成
3.大量移住の時代
4.現代化の時代
5.国境をこえる中国人のネットワーク 
メッセージ・あとがき:
現在,東南アジア地域に進出している日本企業は膨大な数にのぼる。
その多くが華僑・華人と通称される,現地に住む中国人たちと密接な関係を保ちながら活動している。
しかし私たちは彼らの歴史をどれ程知っているだろうか。
私たちには侵略という過去の不幸な歴史的事実を変えることはできない。
今,できることは東南アジアの中国人たちの歴史を知る事によって,より望ましい関係をこれから彼らとの間に築いていくことだろう。
21世紀の真のパートナーとなるべき人々は彼らをおいてほかにはないと私は考えている。