《世界史リブレット》 025.海の道と東西の出会い

価格
本体729円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: コロンブスやマゼランら大航海時代を彩った人々。彼らの交流と競いあった航海の実態を追い,その所産といえる近代世界秩序創出の過程を明らかにする。
ISBN:
978-4-634-34250-7
シリーズ: 世界史リブレット 25
著者: 青木康征 
刊行:
1998年1月
仕様: A5変型判  ・  96ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
大航海時代が実現させた「世界史の一体化」
1.地中海世界と東方貿易
2.ポルトガルの航海事業とその動態
3.西廻り航路でアジアをめざす
4.東西の出会い
 
メッセージ・あとがき:
大航海時代を飾る有名人物にヴァスコ・ダ・ガマ,コロンブス,ヴェスプッチ,マゼランらがいる。
彼らはそれぞれの局面で互いに面識をもち,交遊を重ね,ともにアジア到達を夢みた僚友であった。
本書では,ややもすれば歴史の本脈から脱落しがちな彼らのあいだにみられる人間関係をひろいながら,彼らが競合しあって実行した航海の動態と,その所産といえる近代世界秩序創出の過程を検証したい。