日本史のなかの宮城県

予価
1,980円 (税込)
在庫: 未刊
解説: 身近な史跡・文化財を通して、宮城県の歴史と文化を読み直す。律令国家の支配拠点・多賀城、中世の信仰を語る寺社や仏像、花開く伊達文化、世界農業遺産・大崎耕土、化石の宝庫、震災と宮城県など、独自の風土や多彩な文化を知る。

※2024/8/30新刊配本予定
ISBN:
978-4-634-24905-9
著者: 関口重樹 
刊行予定:
2024年8月
仕様: B6変  ・  192ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加