大川小学校から学んだクライシスマネジメントの本質(仮)

予価
本体3,000円 + 税
在庫: 未刊
解説: ※2/26新刊配本予定
東日本大震災から10年。なかでも108名のうち74名が犠牲となった大川小学校(宮城県石巻市)の事故は、「人災」とする遺族らによる長い闘いの末、2019年の最高裁決定で教育行政の「組織的過失」が認定された。なぜ隣接する裏山へ子供たちは逃げられなかったのか?なぜ市教委の事後対応は遺族たちに不信感を与え、その後の検証委員会も遺族らの疑問を解明できなかったのか?震災直後から現地でこの問題に取り組み、「組織的過失」を予見していた著者が、その「失敗の本質」を明らかにし、教訓からクライシスマネジメントのあり方を提言する。
ISBN:
978-4-634-15186-4
著者: 西條剛央 
刊行予定:
2021年2月
仕様: 四六
このエントリーをはてなブックマークに追加