《歴史文化遺産》日本の町並み 下

価格
本体1,800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 四季に恵まれた日本列島の各地で,自然や歴史・社会的条件のなかで、人びとは何代にもわたり営みを重ね、町や村をつくり、今日の歴史的町並みを築きあげた。町並みは、地域の美しい歴史と文化の確かな証であり、近年多くの人びとが,全国各地から訪れるようになった。
本書は、国指定の重要伝統的建造物群保存地区をすべて収録し、下巻では,商家の町並み、市場町、温泉町、茶屋まち、農村や漁村、山村集落、近代建築の町並みを紹介。他に安野光雅の風景画、町並み用語一覧、全国の町並み掲載地図も収録。画期的な町並みガイド。

[挿絵]安野光雅
[協力]全国町並み保存連盟

『歴史文化遺産 日本の町並み 上』  2016年1月26日刊行
ISBN:
978-4-634-15082-9
シリーズ: 歴史文化遺産
著者: 苅谷勇雅  西村幸夫 
刊行:
2016年3月
仕様: A5判  ・  340ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
1.商業を中心とした町並み
2.温泉旅館や茶屋を中心とした町並み
3.山村、農村、漁村等の集落の町並み
4.近代建築や近代化遺産の町並み
5.歴史的風土、文化的景観の町並み