30日完成 スピードマスター地理問題集

価格
本体680円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 30日間で完成できる問題集。30テーマ構成。各テーマ、前半2頁で重要項目の整理、後半2頁で実力点検。付録に略地図の描き方、センター試験の解法、勉強の仕方などを収録。
ISBN:
978-4-634-05427-1
著者: 北野豊 
刊行:
2015年2月
仕様: A5判  ・  120ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
本書の構成と特色:
①従来の参考書には内容的に豊富なものが多く、「覚えきれない」との印象を与える結果ともなっていました。本書ではセンター試験の出題頻度の高い事項・内容にしぼり、効果的な学習ができるようにしました。
②地図による「まとめ」に略地図を使用し、自分でまねて、簡単にまとめをつくれるようにしました。略地図の描き方についても紹介してあります。
③入試問題はさまざまな知識を使って解かなければなりません。試験でいろいろな知識を必要に応じて思い出せるよう、その訓練の場として「総合スピード・チェック」を設けてあります。
「地理」の受験勉強と本書の利用:
①学習のまとめにざっと目を通してから、「スピード・チェック」をやってみてください。解答はノートなどに書くのが良いでしょう。「スピード・チェック」は、1ページ10~15分以内をメドに。試験は時間との勝負ですし、わからないものはいくら考えてもわかりません。わからない時は、まとめや解答をどんどんみていきましょう。とくに、*印のついた問題や「総合スピード・チェック」は、まとめをみても載っていない事項があります。わからない時は解答をみてください。
②この問題集は30日で1冊終わらせましょう。1日30分から1時間の勉強で可能です。時間をかけてもあきるだけです。「覚えてから先へ進もう」では、先へ進めません。繰り返しによって、しだいに記憶は確かなものになってきます。本書を1回終わったら、もう1度繰り返してみましょう。2回目は、まとめや解答をみる回数も減ってくるでしょう。巻末に「スピード・チェック表」を用意してあります。
③本書を2回繰り返したら、他の問題集、過去出題問題集などやってみましょう。その中で自分の弱点を発見し、その項目だけ本書でもう一度勉強してみましょう。そして、入試直前、本書を2週間でやり終えて、入試にのぞんでください。
④受験勉強でスランプにおちいった時は、「こんなとき」を読んでみてください。
⑤どこにあるかわからない地名が出てきたら、こまめに「地図帳」で調べてみましょう。教科書は長期休暇中に通して読んでみるとよいでしょう。300ページほどです。2日もあれば読めます。