第2版 史料をよむ 日本史史料問題 分析と解説

史料問題を解くコツをつかむ!!
価格
本体900円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 大学入試に類似の「実戦問題」、より幅広い視点から出題した「演習問題」、各テーマに関連付けた「補充問題」の3種の創作史料問題で構成された問題集。各節ごとに付した詳しい「分析と解説」で史料問題を解くコツをつかむ。私大・二次対策にも最適。
ISBN:
978-4-634-01054-3
著者: 會田康範 
刊行:
2015年7月
仕様: A5判  ・  192ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
本書を利用するにあたって:
1.本書は古代から現代までを8章に分けて構成しています。
2.収録している問題はすべて創作問題で、内容を見出しとして冒頭に付し、それらを(実践問題)・(演習問題)・(補充問題)に区別しました。
3.(実践問題)は、近年の大学入試で実際に出題された問題に類似した創作問題で、近年の出題傾向が把握できるようにつとめました。(演習問題)は、実践問題に準じるものや論述形式の設問を含むものなど、幅広い視点から作問したものです。また、随所に配した(補充問題)は、各テーマに関連づけて問われる可能性がある設問を配置しました。
4.引用した史料には、文意が変わらない範囲で適宜書き改めている箇所があります。また、出題に合わせて略した部分やルビ、ふりがな、句読点など編者の判断で手を加えたものもあります。
5.各節ごとに記した『分析・解説』は、本書の要です。ここに記した内容は、教科書・参考書・用語集などの記述に準拠し、史料に即してそのポイントをおさえてわかりやすく記したものです。問題演習を行うだけでなく、ぜひ、この部分を何度も繰り返して読み、史料問題を解くコツをつかんでください。