アクティブ・ラーニング実践集 世界史

価格
本体1,000円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 授業にアクティブ・ラーニングを取り入れたいと考えている先生方(と未来の先生)に向けて、普段の授業時間で実践できるような事例を紹介する。授業に役立つコラムも掲載。高等学校世界史の授業実践集。
ISBN:
978-4-634-64163-1
著者: 及川俊浩  杉山比呂之 
刊行:
2019年3月
仕様: A5  ・  96ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
はじめに
実践1 「ウルのスタンダード」を観察したら 2
実践2 モンゴルから旅立つ遊牧民の世界 11
実践3 イスラームを知る ブルカをかぶるの納得解は? 21
実践4 教科書の地図を用いた授業展開 ビザンツ帝国1000年の歴史 29
実践5 中世ヨーロッパの荘園に生きる人々 36
実践6 唐にはどのような宗教が流れてきたか? 42
実践7 教科書の史料を用いた授業展開 権利の章典からみえるイギリス 51
実践8 産業革命 MVSと相互評価 56
実践9 東アジアの激動 アヘン戦争 66
実践10 風刺画を用いた授業展開 中国分割から日露戦争について 76
実践11 パズルで学ぶ第一次世界大戦開戦までの流れ 二大陣営形成への動きについて 83
おわりに
アクティブ・ラーニングに関するおすすめの書籍 91

コラム
① 古地図の有用性 8/② 美術の対話型鑑賞から得られる史資料読み解きのためのティップス(Tips) 19/③ 「対話」と教員の専門職性 27/④ グループ発表の作法 34/⑤ 教科書のもととなった史料の読み取り 49/⑥ 「深い学び」を実現するための問い 63/⑦ 振り返りシート・評価の工夫について 73/⑧ 問いとそのタイミング 82/⑨ 生徒に問題を作成させる 88