もういちど読む 山川世界現代史

価格
本体1,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 19世紀後半の帝国主義時代から21世紀の現在まで,世界の動きをわかりやすく記述した通史。近代世界システム論に基づき,現代世界の構造を明らかにする。歴史の岐路に立つ現代人必読の教養書。
ISBN:
978-4-634-64068-9
シリーズ: もういちど読むシリーズ
著者: 木谷勤 
刊行:
2015年4月
仕様: A5判  ・  256ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 現代世界の前提

第1章 帝国主義時代の開幕
  1 帝国主義の世界支配
  2 資本主義の変質

第2章 植民地での従属と抵抗
  1 帝国主義の世界支配
  2 都市および有産層の民族運動
  3 民族革命と伝統社会・伝統文化

第3章 第一次世界大戦と激動
  1 工業社会に走る亀裂
  2 世界強国への挑戦
  3 再編か破局か

第4章 ロシア革命とヴェルサイユ体制
  1 ロシア革命と栄光の悲惨
  2 革命と反革命のはざまで

第5章 民族解放闘争と新展開
  1 裏切られた民族自決
  2 民族主義の再編と民族ブルジョワジー

第6章 危機の20年
  1 大戦間期の資本主義
  2 改良・革命・独裁
  3 ファシズムの時代

第7章 第二次世界大戦での破壊と苦悩
  1 侵略と内線 - 世界戦争への道
  2 巨大な破壊と殺戮

第8章 戦後世界の展開
  1 冷たい戦争と東西の対立
  2 冷戦と民族解放闘争

第9章 現代世界の多極構造
  1 パクス・アメリカーナ
  2 流動化する社会主義圏
  3 「第三世界」の苦闘

第10章 冷戦と終結とグローバリゼーション
  1 社会主義の崩壊
  2 帝国の解体
  3 グローバリゼーションと世界経済

索引