徳川斉昭 不確実な時代に生きて

価格
本体2,000円 + 税
在庫: 未刊
解説: ドラマ、小説等では「頑迷固陋な攘夷主義者」という一面的な取り上げ方がされてきた徳川斉昭。また、維新後の評価も毀誉褒貶が顕著である。しかし、幕末の重要人物でありながらこれまで評伝がない。この書籍では斉昭の生涯を追いながら、新出史料も交えつつ全体像を描き、さらに新たな視点として、事業にみられる6代藩主治保、7代藩主治紀からの継承発展という要素や、近年斉昭の改革に指摘される佐賀藩など他藩の影響、従来整理されていないまま一元的に語られてきた斉昭の「攘夷」を、蝦夷地政策、条約問題、貿易問題など論点ごとに整理するとともに、公家(二条・鷹司家との婚姻関係)や大名(徳川慶勝・島津斉彬・伊達宗城・阿部正弘・松浦静山・真田幸貫など)とのネットワークの役割や正室登美宮吉子の果たした役割などについても詳細に記述する。
ISBN:
978-4-634-59301-5
著者: 永井博 
刊行予定:
2019年6月
仕様: 四六判  ・  240ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加