094.原敬 日本政党政治の原点

価格
本体800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 日本で最初の政党内閣首相となった原敬を抜きにして,日本憲政史を語ることはできない。黒船来航・自由民権・第一次世界大戦という,激動の時代に翻弄され,浮沈をくり返しながらも,自分の手で時代を創っていった原敬の生涯を描く。
ISBN:
978-4-634-54894-7
シリーズ: 日本史リブレット人 94
著者: 季武嘉也 
刊行:
2010年5月
仕様: A5変型判  ・  96ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
「未来」と「現実」の調和
1.賊軍・貧困・流転
  零落する貴公子/苦学,そしてキリスト教/賄征伐事件/
  冷めた民権理論家/地方に目を向けよ/未来を見据えて/
  官界を流転
2.「今日主義者」原敬
  「獅子身中の虫」-陸奥宗光との出会い/立憲政友会結成/
  積極主義と政党改良/「情意投合」/「今日主義者」
3.分水嶺に立ちて
  原と山県有朋/普通選挙法案をめぐって/積極主義のゆくえ/
  戦後国際秩序と原内閣/原の遺書 
メッセージ・あとがき:
「日本最初の政党内閣首相」「平民宰相」とほめる人もいれば,「無理想な現実主義者」「保守的独裁者」と罵る人もいた。どちらにしても偉人原敬の"個人"的功績を抜きにして,日本憲政史を語ることはできない。
そんな"個人"を語る時,黒船来航・自由民権・第一次世界大戦という,世界的激動の"時代"を抜きにしても語れない。
本書は,"時代"に翻弄され浮沈をくり返しながらも,自分の手で"時代"を創っていった原敬の生涯を,わかりやすく解説した。