《民族の世界史》10.スラヴ民族と東欧ロシア

価格
4,180円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: ヨーロッパのなかにあって独自の世界を形成してきたスラヴ。文化的にはカトリック文化圏と東方正教文化圏に分かれながらも共通の言語によって結ばれ,戦後はともに社会主義圏を構成したスラヴ世界の実像を探る。
ISBN:
978-4-634-44100-2
シリーズ: 民族の世界史 10
著者: 伊東一郎  森安達也  直野敦  菊地昌典  永田雄三  栗原成郎  川端香男里 
刊行:
1986年6月
仕様: 四六判  ・  560ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加