《世界史リブレット》 115.ピューリタン革命と複合国家

価格
802円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 17世紀中葉にブリテン諸島で起きた事件は,「革命」なのか,「内戦」なのか? かつて「イギリス革命」と呼ばれて疑われなかった名称が,最近はさまざまな立場から見直されている。「ピューリタン革命」を,イングランド,スコットランド,アイルランド,ウェールズという四国の相互関係から再検討し,イングランドを中心とした複合国家が形成される重要な転機としてとらえなおす。
ISBN:
978-4-634-34953-7
シリーズ: 世界史リブレット 115
著者: 岩井淳 
刊行:
2010年5月
仕様: A5変型判  ・  96ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
「ピューリタン革命」でいいのか?
1.宗教改革と複合国家体制の成立
2.初期ステュアート期の複合国家体制の危機
3.ピューリタン革命の開始と宗教問題
4.クロムウェルと複合国家体制の形成
5.名誉革命と複合国家体制の確立 
メッセージ・あとがき:
17世紀中葉にブリテン諸島で起きた事件は,「革命」なのか,「内戦」なのか?
かつて「イギリス革命」と呼ばれて疑われなかった名称が,最近はさまざまな立場から見直されている。
本書は「ピューリタン革命」を,イングランド,スコットランド,アイルランド,ウェールズという四国の相互関係から再検討し,イングランドを中心とした複合国家が形成される重要な転機としてとらえなおす試みである。