《世界史リブレット》 110.朝鮮王朝の国家と財政

価格
802円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 17世紀に施行された大同法と称する納税制度は、朝鮮王朝における画期的な財政改革につながった。この大同法に焦点をあてながら、朝鮮王朝の国家財政の仕組みとその変容の過程を追う。
ISBN:
978-4-634-34948-3
シリーズ: 世界史リブレット 110
著者: 六反田豊 
刊行:
2013年7月
仕様: A5変型判  ・  104ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
朝鮮王朝の収取体制・国家財政と大同法お施行

1.朝鮮時代前半期の収取体制

2.貢納制の弊害とその改革

3.大同法の施行過程

4.大同法の概要とその変容 
メッセージ・あとがき:
建国当初に整備された現物徴収制度としての貢納制が行き詰まりをみせるなか,朝鮮王朝では十六世紀に入るとその改革が本格的に検討されるようになった。十七世紀になってそれは大同法の施行として結実する。朝鮮王朝における画期的な財政改革と評価される大同法とはそもそもどのような制度だったのか。大同法の施行によって朝鮮王朝の税制・役制はどのように変化したのか。大同法に焦点をあてながら,朝鮮王朝の国家財政の仕組みとその変容の過程を跡づける。