江戸・東京 古道を歩く 古地図と地形図で発見!

価格
本体1,800円 + 税
在庫: 未刊
解説: ※10/30新刊配本予定
江戸時代の古地図と現代の地形図を見比べながら江戸当時の道を歩き、
歴史の変化や当時の地形などを味わいつつ、古い道を探る。

何百年も前から使われ続けた道には、最近のまっすぐで機能重視の道路とは違い、地形を生かしたナチュラルな良さがある。道ばたに庚申塔や道祖神が残っていたり、古社古刹がときどき顔を出し、江戸の名残を感じることができる。

本書で取り扱う江戸前期に出版された絵図は、きちんと測量した詳細な地図で、道路が非常に正確に描かれている。現代の地図との一致も多々あり、見比べやすい。
ISBN:
978-4-634-15176-5
著者: 荻窪圭 
刊行予定:
2020年10月
仕様: B5  ・  208ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加