こんなふうに出題される日本史 関東難関私大・センター試験対策用

ここがでる!!出題例に基づき日本史用語を徹底攻略・用語ごとにどのような大学・学部で出題されたかがわかる!
価格
本体900円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 古代から現代までの日本史用語が、それぞれどのような大学で、どのように出題されてきたかを解説する。それぞれの用語には近年出題した大学名を付す。単元構成は『詳説日本史』に準拠している。
ISBN:
978-4-634-01055-0
著者: 川﨑英明 
刊行:
2015年11月
仕様: A5判  ・  280ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
はじめに:
 この本は、いわゆる日本史用語集ではありません。歴史用語を導きの糸として、それがどのような大学・学部で、他のどのような事項と関連して出題されているのかということがわかるように作成したものです。
 教科書は、学習指導要領に基づいて編集・執筆されていて、時代や分野が細かく区分されているので、その区分を超えてしまうと、関連のある事項が関連あるように理解できないということが往々にして起こります。そこで、入試に出たなりの関連を大切にして、受験生の理解を助け、入試に役立ててもらおうというのが、この本を執筆した意図です。

 この本の構成は、以下の通りです。
① 山川出版社『詳説日本史』に基づいて、単元を構成し、その該当ページを示しています。
② 2015年度センター試験、2014年度関東主要私立大学入試(一部の国公立大2次試験を含む)までの問題を検討して作成されています。紙数の関係で、明示してある出題問題は2007年度入試以降のものですが、各項目の内容には、過去15年分の入試が含まれています。
③ 『詳説日本史』では、新課程版を基本としつつ、旧課程版にしかない歴史用語や叙述も削除せずに示してあります。山川出版社の新版『日本史用語集』で削除された用語についても、出題されたものについては削除せずに示してあります。

 受験生の皆さんが、この本を使用して入試に役立ててくださるとともに、歴史学習に興味を持ち、将来にわたって歴史を学んでくださるようになれば、これに勝る幸せはありません。
                     川﨑英明