28.清代中国における演劇と社会

価格
本体5,000円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 明清期最大の娯楽産業であった演劇の社会的実態を解明する。檔案(公文書)史料を利用することで、政治や社会といった領域からのアプローチを試み、演劇文化が形作られていく様相を描き出す。
ISBN:
978-4-634-67385-4
シリーズ: 山川歴史モノグラフ 28
著者: 村上正和 
刊行:
2014年11月
仕様: A5判  ・  256ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 清代の都市演劇と俳優
   (1)王紫稼と徐紫雲
   (2)俳優と身分秩序問題
   (3)明末江南における演劇の流行
   (4)清代北京における劇場の定着
   (5)北京の旗人と演劇
   (6)本書の課題
   (7)考察の視角
   (8)史料について
   (9)本書の構成

第一章 明末清初期における士大夫の俳優寵愛と身分秩序問題
 はじめに
 1 明末における演劇の流行と交際
   (1)明末における演劇の流行
   (2)演劇への批判
   (3)交際と演劇
 2 俳優の活躍とその振る舞い
 3 陳維崧の俳優寵愛の絵図
   (1)陳維崧と徐紫雲
   (2)『雲郎出浴図』と『陳検討塡詞図』
   (3)『雲郎出浴図』に参加した人々
   (4)詩の内容について
   (5)『塡詞図』に参加した人々
   (6)乾隆年間(一七三六~一七九五)における『塡詞図』への参加
 小結

第二章 雍正帝の楽戸廃止と俳優扶養禁止令
 はじめに
 1 雍正帝による民間演劇の容認
 2 楽戸制度の廃止
 3 俳優扶養禁止令
   (1)一七二四年の俳優扶養禁止令
   (2)官僚たちの反応
 小結

第三章 清代地方官の劇団庇護
 はじめに
 1 地方劇団の諸相
 2 処分事例の持つ意味
 3 地方官と地方劇団
   (1)地方官による劇団庇護
   (2)地方劇団の「格」
   (3)地方官による移動の支援
   (4)地方の女優
 4 軍隊と地方演劇
   (1)武官による劇団庇護
   (2)兵士による芝居 - 俳優の入隊
 小結

第四章 清代北京の万寿盛典と嘉慶改革
 はじめに
 1 康煕帝の万寿盛典と雍正帝の訓戒
   (1)清初の劇場規制
   (2)康煕『万寿盛典図』の世界
   (3)雍正帝の訓戒とその影響
 2 乾隆年間における万寿盛典の挙行
   (1)乾隆『万寿盛典図』の世界
   (2)宣教師アミオの手紙
   (3)祝典に動員された劇団数
   (4)北京の劇場増加
   (5)一七六二年の禁令からみる北京社会
 3 北京の劇場・芸能と行政
   (1)茶館における芸能設置
   (2)内城における劇場経営
 4 一七九九年の劇場開設禁止令と禄康
   (1)一七九九年の禁令
   (2)茶館の芸能をめぐる交渉
   (3)禄康