《新体系日本史》9.ジェンダー史

価格
4,950円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 広く社会的・文化的に形成された性別であるジェンダーの視点から、あらたな対象を設定し、原始・古代から最現代までをとらえ直した通史。
ISBN:
978-4-634-53090-4
シリーズ: 新体系日本史 9
著者: 大口勇次郎  成田龍一  服藤早苗 
刊行:
2014年7月
仕様: A5判  ・  482ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
ジェンダー史総論
Ⅰ 古代国家の形成とジェンダー
1章 原始社会とジェンダー
 1 農耕社会以前
   縄文時代以前の社会/縄文時代の社会
 2 農耕社会の成立
   農耕社会の成立と国家の萌芽/階級社会の形成と女性の地位/
   政治とジェンダー/親族構造と婚姻/大陸文化の伝来と労働
2章 律令制国家とジェンダー
 1 王権と政治
   近代歴史学と女帝論/推古の時代/律令国家の成立と王権/
   八世紀の王権とジェンダー/八世紀の皇后/王権の変化/
   律令統治機構と性差
 2 親族構造と婚姻
   編戸制と婚姻・相続法/八・九世紀の親族と婚姻実態
 3 生活と社会
   生活とライフサイクル/経済と労働/宗教・思想・文化

Ⅱ 「家」社会とジェンダー
1章 「家」の成立とジェンダー
 1 中世前期の家とジェンダー
   家の萌芽/天皇と家/上層貴族層の一門と一家・家/
   在地社会の「家」の萌芽/嫁取婚と婿取婚 - 天皇と貴族/
   平安時代の財産相続/家格の成立と展開 - 父系的父権の確立/
   夫方居住婚の成立過程/摘子優先と女子一期相続/
   家=家父長制家族の確立/家内のジェンダー構造
 2 政治権力とジェンダー
   女帝から国母へ - 国母=母后の後見力/朝廷内の女房たち/
   院政期~鎌倉時代 - 女帝の時代/
   院政期以降の朝廷の官人と女房/幕府の将軍と北条政子/
   幕府と御家人・女性/
   村落共同体とジェンダー - 村の祭祀と宮座
 3 ライフサイクルとジェンダー
   誕生とジェンダー/童のジェンダー/成人式のジェンダー/
   性愛とジェンダー - 閉ざされる妻の性・男色/
   買売春の成立と展開/好色の家 - 傾城の登場/
   老いのジェンダー - 鬼婆の成立/寿命と出家/老人扶養
 4 社会・宗教・文化のジェンダー
   商人の家と分担/借上の夫と妻/触穢の成立とジェンダー/
   女性穢れ観のジェンダー/平安文学とジェンダー/
   文芸とジェンダー/男女の芸能
2章 「家」社会の確立とジェンダー
 1 中世後期の家とジェンダー
   婚姻と居住形態/家内のジェンダー/相続制の変質/
   家の確立とジェンダー/家と社会
 2 政治権力とジェンダー
   王権のジェンダー/近臣と女房/室町殿と御台所/大名